クレープで美味しさを包み込んだ絶品!

オレンジチーズケーキ

所要時間60分(冷蔵庫で冷やし固める時間は除く)

材料(直径18センチ ケーキ型1コ分)
【クレープ】(5~6枚分)
薄力粉・・・・・50g
砂糖・・・・・25g
塩・・・・・少々
卵・・・・・1コ
牛乳・・・・・125ml
バター・・・・・15g
バニラエクストラクト・・・・・小さじ1
【フィリング】
クリームチーズ・・・・・180g
キャスターシュガー・・・・・50g
オレンジジュース・・・・・300ml
ゼラチン (粉ゼラチンまたは板ゼラチン) ・・・・・15g
生クリーム・・・・・150ml
洋酒 (オレンジ系)・・・・・15ml
※コアントロ、グランマニエ、オレンジ・ キュラソーなど
【オレンジソース】
オレンジジュース・・・・・100ml
レモン汁・・・・・10ml
オレンジの皮・・・・・1コ分
洋酒 (オレンジ系)・・・・・20ml
※コアントロ、グランマニエ、オレンジ・ キュラソーなど

作り方画像

作り方

  • 下準備をする。
    (1)クレープ用の牛乳を人肌に温め、バターは湯煎にかけるか、電子レンジで軽く加熱して溶かしておく。
    (2)フィリング用のゼラチンを耐熱容器に入れ、5倍量の水を注ぎ、20分ほどふやかす。
  • クレープを焼く。
    (1)ボウルに薄力粉、砂糖、塩を入れる。
    (2)別容器に溶いた卵と温めた牛乳を合わせて、これを①のボウルに少しずつ加えて泡だて器で混ぜる。
    (3)溶かしたバターを加えてさらに混ぜ、この生地が乾かないようにしながら30分以上常温で休ませる。
    (4)フライパンを熱し、サラダ油(分量外)を少量ぬって生地を薄く流し入れ、少なくとも6枚焼く。
  • フィリングを作る。
    (1)ボウルにクリームチーズ(今回は「フィラデルフィア」を使用)を入れてほぐし、キャスターシュガーを加えてなめらかにする。
    (2)ふやかしたゼラチンを電子レンジで加熱(800Wなら約20秒)して溶かす。
    (3)約半量のオレンジジュースを電子レンジで温め(800Wなら約1分)、溶かしたゼラチンを加えて泡だて器でよく混ぜる。
    (4)ゼラチンを溶かしたオレンジジュースをクリームチーズに少しずつ混ぜてなじませる。
    (5)残りのオレンジジュースも加えて、だまが無くなるようによく混ぜる。
    (6)ボウルを冷水にあて、少しとろみがつくまで冷やす。
    (7)別のボウルに生クリームと洋酒を入れて泡立て、6分立てになったら、とろみがつきはじめた(6)のボウルに少しずつ加えて混ぜ、なじませる。
  • ケーキ全体を包むためのラップをケーキ型に敷く。
  • 焼き色をつけた面が外側にくるようにクレープを敷きつめる(ケーキ型にそわせて並べたあと、底に1枚敷く)。
  • フィリングを流しこみ、ふたをするように上に1枚置き、クレープで包みこんだら、ラップで覆い、冷蔵庫で冷やし固める。
  • オレンジソースを作る。
    (1)グラニュー糖を小鍋に入れて中火にかけ、ゆらしながら(混ぜないこと)加熱する。泡だってきたら火からおろす。
    (2)オレンジジュース、レモン汁を加え、中火で煮る。
    (3)オレンジの皮のピール(できればオレンジの皮を水から煮て、一度茹で汁を捨てる。再び皮を煮て表面のワックスを落としてから細い千切りにする)を加える。
    (4)火から下ろして粗熱が取れたら洋酒を加えて冷やしておく。
  • 冷やし固めたケーキを切り分け、ソースを添えれば出来上がり。

週間ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

owada

料理:大和田秀子
ロンドンのウェンブリーにて、パン・お菓子教室「Audley Baking School 」を主宰。 
【お問合せ先】Tel: 020 8385 1526 E-Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
http://audley.web.fc2.com/      http://audley.exblog.jp/  (Blog)

週刊ジャーニー No.1036(2018年5月24日)掲載




その他の記事