外国人に人気のある裏まきで!

春の菜めし巻き寿司

所要時間30分(すし飯を用意する時間は除く)

材料(1本分)
すし飯・・・・・約150g
のり・・・・・1枚
ラムズレタス・・・・・lamb's lettuce(mâche) 1パック
ガリ・・・・・適量
炒りゴマ・・・・・適量
【具】
玉子焼き(1センチ角ほどの長めの拍子切り)・・・・・3本
アンチョビ・・・・・1本
マヨネーズ・・・・・大さじ1
缶入りツナ・・・・・大さじ2
えび・・・・・2~3尾
パープル・スプラウティング・ブロッコリー purple sprouting broccoli・・・・・2茎程度
鰹節粉・・・・・小さじ1
しょうゆ・・・・・小さじ1/2

作り方画像

作り方

  • 細かく叩いたアンチョビ、マヨネーズ、ツナをボウルに入れてよく混ぜる。
  • えびに楊枝を刺してまっすぐにし、塩をした湯で茹でる。冷めたら皮をむいて楊枝を取り除く。
  • スプラウティング・ブロッコリーを塩をした湯で茹で、湯を切り水にさらす。しっかり水分を絞って、粗みじん切りにし、鰹節粉、しょうゆで和える。
  • ラムズレタス(ロケットでも代用可)を塩をした湯でさっと茹で、しっかり水分を絞る。細かく切ってすし飯に加えてよく混ぜる。お好みで、みじん切りにしたガリや炒りごまを加える。
  • 巻きすの上に、まずラップを敷いてからのりを置く(うら巻きにするので、のりの表・裏は気にする必要なし)。
  • ④のすし飯を置いて、手水でしめらせた指を使って均等に広げ、炒りゴマを全体にまんべんなく振りかける。その上にさらにラップを敷く。
  • 巻きすはそのままにし、ラップ+のり+すし飯+ラップをまとめてひっくり返し、のりの上にきたラップのみ取り外す。
  • 手前から2~3センチのところに玉子焼き(玉子2~3コで作った出し巻き玉子を、長めの拍子切りにする)、両脇に②と③を並べ、その上に①をのせる。
  • くるっと一気に向こう側に巻く。巻きす&ラップで巻いたまま、全体を反転させる。両手でグッと巻きすの上からところどころ締める。巻きすを巻き直して再度何度か締め、形を整える。そのまま落ち着くまで置いておく。
  • ⑨を、ラップごと好みの厚さにスライスする。ラップをとりはずせば出来上がり。

すし飯の作り方

米・・・・・2合
すし酢・・・・・砂糖 大さじ4~5
・・・・・・・・米酢 大さじ4
・・・・・・・・塩 小さじ2
・・・・・・・・みりん(なくても可)大さじ1
  • 米は定量よりやや少なめの水で炊く。
  • 炊き上がったら10分むらし、大きなおけやボウルに移す。
  • ごはんが熱いうちにすし酢を少しずつ入れ、あおぎながらしゃもじで切るように混ぜる。

Point

⑥では、すし飯が指につかないように、手水(てみず=水に米酢を加えたもの)を活用する。
⑨では、ラップを巻き込まないように注意。ラップを適度にはずしながら、向こう側に「かぶせる」ようなイメージで巻くと良い。

週間ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

ひらぬまゆうこさん

料理:ひらぬまゆうこ
南ロンドンでヨーロッパのお料理レッスン(www.millyskanda.com)、イギリスのお菓子レッスン(www.millyskanda2.com)を開催しています。
お問い合わせ 【TEL】020-8244-2176  【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

週刊ジャーニー No.1025(2018年3月8日)掲載