おもてなしの1品としてもオススメ!

散らし風ミモザ寿司

所要時間30分(すし飯を用意する時間は除く)

材料(4コ分 直径7センチ程度の型使用)
すし飯・・・・・150g程度
にんじん・・・・・半本
干し椎茸・・・・・2枚
ごま油・・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・・大さじ1
みりん・・・・・小さじ2
茹で玉子・・・・・2コ
サーモン缶・・・・・半缶分
マヨネーズ・・・・・大さじ1
えび(茹でたもの)・・・・・6尾
アスパラガス・・・・・5本
のり(小さい細切り)・・・・・半帖

作り方画像

作り方

  • 好みの形の抜き型を用意する。今回は、直径7センチ/高さ5センチ程度の型を使用。
  • みじん切りにしたにんじんと、戻してから細かく切った干し椎茸をごま油で炒める。しょうゆ、みりん、砂糖を加えて水分がなくなるまで加熱したら、火からおろして冷ます。
  • すし飯に②を加えてよく混ぜ合わせる。
  • アスパラガス(またはいんげんで代用可)を茹でて、小さくカットする。
  • 固茹での茹で玉子の殻をむき、黄身と白身を分け、それぞれ目の細かい網に通す(スプーンの背などで、網におしつけながら細かくする)。
  • サーモン缶の身のみ取り出し、マヨネーズで和える。
  • 抜き型を盛り付け用の皿に置く。一番底に③のすし飯を型の高さの1/3程度になるように置いて軽く上から押さえ、えび(水平に半分に切ってから、背が型の縁に沿うように3切れずつ置く)→アスパラガス→サーモンのマヨネーズ和えの順にバランスよく積む。
  • 最後にゆで玉子の裏ごしを白身→黄身の順にふわりとのせ、型を抜けば出来上がり。お好みでのりを散らして食卓へ。

すし飯の作り方

米・・・・・2合
すし酢・・・・・砂糖 大さじ4~5
・・・・・・・・米酢 大さじ4
・・・・・・・・塩 小さじ2
・・・・・・・・みりん(なくても可)大さじ1
  • 米は定量よりやや少なめの水で炊く。
  • 炊き上がったら10分むらし、大きなおけやボウルに移す。
  • ごはんが熱いうちにすし酢を少しずつ入れ、あおぎながらしゃもじで切るように混ぜる。

Point

抜き型の代わりにココット(ラメキン)やガラスの器を使って、1人分ずつ盛り付けるのも一案。

週間ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

ひらぬまゆうこさん

料理:ひらぬまゆうこ
南ロンドンでヨーロッパのお料理レッスン(www.millyskanda.com)、イギリスのお菓子レッスン(www.millyskanda2.com)を開催しています。
お問い合わせ 【TEL】020-8244-2176  【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

週刊ジャーニー No.1025(2018年3月8日)掲載