色つきたまごの次は豆腐かい!そうです!

イースターでもないのにもう色付きたまごは十分!って声が聞こえてきそうだけど、こっちは理科の実験にハマっちゃってなかなか止められない。でふと思った訳です。これ、たまごのかわりに豆腐でやったらどうなるの? ちょうど目の前に豆腐が一丁ありました。紫キャベツの煮汁から一体何色の豆腐ができるものか。知りたい欲求がおさえきれない。まずは紫キャベツの煮汁を作ります。5分も煮ればあっという間に3-4リットルの真っ青な煮汁の完成。これを5つのボウルに小分け。一つはそのまま。これがアルカリ性ですね。そしてレモン汁大さじ2を入れたものと大さじ4を入れて赤く染めた煮汁。この2つが酸性。そして重曹を大さじ2入れたものと大さじ4入れて緑色になったもの。これが中性です。合計5つのボウルに小分けにしたカラフルな煮汁に豆腐をトップンと浸けて待つこと1時間。レモン汁を入れた2つは紫がかったピンクとなり、どちらもほとんど同色。重曹を入れたものは大さじ2の方はいいとして、大さじ4を入れた方は液体がドロッとなった上に何となく科学的な臭いがして失敗。結局採用したのはそのままのもの、レモン汁大さじ2のもの、そして重曹大さじ2のものの3つ。紫キャベツ1つからとりあえずこの青、ピンク、緑の3色の豆腐を作ることが可能と言うことが分かりました。他に何か入れたら黄色や茶色になるのかもしれませんが、本日の実験はここまで。青と緑は食欲を増進させる色とは程遠いけど、時はいよいよクリスマス。ホームパーティを企画中の方も多いと思います。とりあえずちょびっとだけお友達を驚かせる目的でお試しください。カラフル豆腐。煮汁をとった後の紫キャベツもちゃんと食べるんやで!捨てたらバチ当たるで!

3

「カラフル豆腐」

cookbuzz編集部(T)