1970年代のニューヨークで、伝説のクラブ「スタジオ54」を開設した米起業家イアン・シュレーガー氏。ブティックホテルの仕掛け人としても知られる同氏が、「宿泊客も地元の人も集まる社交場を」というビジョンの下、マリオット・インターナショナルとパートナーシップを組んで2013年にオープンさせた「ロンドン・エディション」ホテル。

20世紀初頭に「バーナーズ・ホテル」として建てられた空間を利用して営業する「エディション」ホテルのレストラン「バナーズ・タヴァン」。エドワード朝時代の華やかな天井装飾と、所狭しと掲げられる絵画や写真のインテリアに圧倒される。© Nikolas Koenig

そのグランドフロアに位置し、社交場としての役割を果たす「バーナーズ・タヴァン」は、ミシュラン星レストランを運営するオーナーシェフのジェイソン・アザートン氏が手がけるレストランのひとつ。週末の午後にはアフタヌーンティー・メニューも用意されている。サービスの質の高さも折り紙つきで、ロンドンの目抜き通りオックスフォード・ストリートをわずかに入った立地とは思えない、繁華街の喧騒を離れた上質なひとときを約束してくれる。

スイーツ・メニューは、チョコレート・タルト、ラズベリー・ムース、ルバーブとジンジャーのマカロン。
サンドウィッチ・メニューは、ヤギのミルクを使ったクリームとりんごのスライスをのせたスコーン、鶏肉とトリュフのバゲット、サーモンタルタルのカナッペ。

「エディション」ホテルは、ロンドンを皮切りにマイアミ、ニューヨークにも誕生し、2020年には東京・銀座と虎ノ門の2ヵ所にオープン予定(設計は隈研吾氏)。日本でも注目を集めている今、足を運んでみてはいかがだろうか。

シャンパンを注文すると、目の前で注いでくれるサービスも。紅茶の差し湯のタイミングにも気を配った細やかなサービスも魅力のひとつ。

美味しさ

紅茶の種類

サービス

《 記者からの一言 》

紅茶の種類は少ないものの、お茶が冷めてしまわないようお湯の量がカップ杯程度という細やかな気配り。別の茶葉でのおかわりも頼みやすい。

Berners Tavern

London Edition Hotel
10 Berners Street, London W1T 3NP
TEL: 020 7908 7979
www.bernerstavern.com

Afternoon Tea

週末のみ 12:00~16:00
Afternoon Tea...£39.50
・Champagnes... +£17.50~
・Cocktails... +£14

週刊ジャーニー No.1083(2019年4月25日)掲載