著名人たちゆかりの地

著名人たちゆかりの地

ダーウィン、ナイチンゲール、チャップリン、ジョン・レノンら、著名人たちが暮らした家や墓、歴史的な事件が起きた場所などを紹介します。

VOL.
45

ラファエル前派
7 Gower Street, London WC1E 6HA

ヴィクトリア朝時代に活動した若手画家のグループ、ラファエル前派(Pre-Raphaelite Brotherhood)。ロイヤル・アカデミー付属美術学校に通う3人の学生、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイによって結成された同グループは、当時の「古典偏重主義」による美術教育に異を唱え、模範とされたイタリアの画家ラファエロ以前の芸術、つまり中世や初期ルネサンス様式を賞賛。美術界に賛否両論の嵐を巻き起こした。
上の写真は、ミレイ一家が暮らしていた家。ロセッティとハントは近所で共同生活を送っており、この家に集まっては美術談義を交わし、1848年9月にラファエル前派が結成された。ミレイはこの家で、現在テート・ブリテンに展示されている名作「オフィーリア」を完成させている。

週刊ジャーニー No.1065(2018年12月13日)掲載