ハリー王子とメガン妃の警備費…1日7,000ポンド!

■ 英王室を「離脱」し、米ロサンゼルスを拠点に生活しているハリー王子とメガン妃。ふたりの警備費について、「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

同紙が得た情報によると、ハリー王子とメガン妃は、かつてロナルド・レーガン大統領の警備主任を勤めたギャヴィン・ディー・ベッカー氏が率いる警備コンサル会社を利用しているとみられ、警備費は1日7,000ポンド(約94万円)とされる。同社はセレブ御用達で、CIA、FBIとも仕事をしていることを売りにするセキュリティー会社として知られ、実業家ジェフ・ベゾス氏や俳優トム・ハンクスも利用しているとみられる。

ハリー王子とメガン妃は現在、俳優で映画監督のタイラー・ペリー氏がハリウッドに所有する邸宅で、息子のアーチーくんとともに暮らしている。一家には、ベッカー氏が厳選した警備チームがついているとみられる。

誰が警備費を負担しているかは明らかになっていない。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)