ハリー王子&メガンさんのウェディングケーキを作るのはこの人!

■ ケンジントン宮殿は、5月19日に結婚予定のハリー王子とメガン・マークルさんが東ロンドン在住のパティシエ、クレア・プタック(Claire Ptak)さん=写真=にウェディング・ケーキを発注したと発表した。「デイリー・テレグラフ」紙(電子版)など英メディアが報じた。
写真左下:プタックさん作のケーキ。© Instagram

ロイヤル・ウェディングにケーキを提供する栄誉を手にしたプタックさんは、東ロンドンのハックニーにある「バイオレット・ベーカリー(Violet Bakery)」のオーナー。注文があった「オーガニック・レモンとエルダーフラワーのウェディング・ケーキ」は、たっぷりのバタークリームと新鮮な花で覆われる予定という。

英王室の結婚式でフルーツケーキがふるまわれないのは王室始まって以来のこととされる。2011年に結婚したウイリアム王子とキャサリン妃の時は数段重ねの伝統的なフルーツケーキだった。

プタックさんは「ハリー王子とメガンさんのウェディングケーキを作るという栄誉を与えていただけるなんて本当に嬉しい」「食べ物の産地、持続性、季節性、そして風味と、王室の皆様と共有できるこの機会は私の人生で最も興奮するイベントです」と喜びを爆発させている。

プタックさんは米カリフォルニア州でパティシエの腕を磨いた後にロンドンに移住。東ロンドンのストール(屋台)でケーキを販売しながら資金を貯めた後、「バイオレットベーカリー」を開店した。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)