ついにコカ・コーラの消費量を上回った飲み物とは…コレ!

コカ・コーラといえば、世界的に多くの人に好まれている清涼飲料水と断言していいだろう。しかし、ついにボトル入りの水の消費量がコカ・コーラの消費量を上回ったと、「デイリー・メール」紙が伝えている。
この7月15日までの1年間で消費者が購入した水は17億7000万リットル。一方、同時期に購入されたコカ・コーラは17億2000万リットルにとどまり、ついに、消費量で水に敗れた形となったという。
飲料水メーカー、ハイランド・スプリング社のサイモン・オールダム氏は「画期的な出来事で健康的な生活への取り組みの成果」とコメント。
ペプシコ社はコメントを控えたが、コカ・コーラ社は売上げの上ではまだ業界トップだと述べている。ちなみに、コカ・コーラの同時期の売上げは16億9000万ポンドで、水の売上げのほぼ2倍だという。

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【ごくウマ3選】クリスマスのおもてなし料理 ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む