ご当地ワインと郷土料理&名産物㉒ 北米・カリフォルニア その4

カリフォルニア・ワインを次々に襲った悲劇

カリフォルニアでのブドウ栽培/ワイン醸造は1848年以降のゴールドラッシュが引き金となったことは、既に記したとおりだが、その後の歴史は決してスムーズなものではなかった。というのは、ゴールドラッシュで入植者が殺到し、ワイン産業の拡大が見込まれると、美味なワインを造ることのできるヨーロッパ種(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、シャルドネなど)の挿し木が大量にヨーロッパから持ち込まれ、これが悲劇をもたらしたのだ。当時、ヨーロッパでは、フィロクセラという、根に住み着いてブドウの樹を殺してしまう害虫による被害が発生しており、この虫がカリフォルニアにも上陸、1870年頃、大きな被害が出たのだった。さらに悲惨なことには、それらの栽培地がようやく立ち直った頃、1919年にヴォルステッド禁酒法がしかれて酒類の製造販売が禁止(医療用と聖餐用は例外)されたため、禁酒法が廃止される1933年まで、ワイン産業は存在を否定される。さらに、2度の世界大戦が続き、カリフォルニアのワイン産業が再興されるのには、1960年代まで待たなければならなかった。

 

ワイン産業の2極化

1960年代に入ると、エリート層を中心にヨーロッパ的な食文化が広がり、ワインはインテリ層や文化人、実業家の間でもてはやされようになり、ワインの輸入量も増大した。やがて、社会的に成功を収めた人々が、気候と景観に恵まれたナパやソノマに引退し、邸宅を建て、ブドウ畑&醸造所をもつブティック・ワイナリーのオーナーとなるケースが増加。彼らは、世界最良のワイン造りをめざすブドウ栽培やワイン醸造の専門家を雇ってプレミアム・ワイン産業を起こしたのだった。こうして、カリフォルニア州では、ナパやソノマといった高級ブドウ産地での高級ワイン産業と、ゴールドラッシュがもたらした、暑いセントラル・ヴァレーでの安価なワインの大量生産というワイン産業の2極化が始まった。

 

カルト・ワインの誕生

高級ワイン造りの火付け役となったのは、ロバート・モンダヴィRobert Mondaviといえるだろう。1936年にイタリア系移民の子として生まれたロベルト(本人は、イタリア読みで呼ばれるのを嫌い、ロバートとして通っている)は、スタンフォード大学にて経済・経営を専門で学んだものの、ワイン好きが高じて、ワイン産業に身を投じた。旅行やワイナリーでの訓練で得た経験をもとに、当時、カリフォルニアにはジャグ・ワインと呼ばれる低品質で安価なワインしか存在しなかった中で、初めて世界的に有名な高級ワイン造りに専心した人物だ。購入した畑のぶどうの樹をヨーロッパの貴品種に植え替え、ワインを低温発酵させ、フランス産オーク小樽を使ってワインを熟成させるなど、ヨーロッパ伝統の卓越した技巧と革新を融合させ、1966年にロバート・モンダヴィ・ワイナリーを創立。1979年にはフランスのボルドーでシャトー・ムートン・ロートシルト(ボルドー格付け1級)を所有するバロン・フィリップ・ロートシルトと合弁で、カルト・ワイン(少量生産、入手困難な超高級ワイン)として有名なオーパス・ワンOpus Oneをリリース。ボルドーとカリフォルニアから最高の人材と技術を使って独自のスタイル、特色、格式を持つワインを造るという構想を見事に結実させた。

一時は日本資本も相次いで参入

1970年代には外国の大手資本の参入が始まり、ブティック・ワイナリーが近代化されたわけだが、この中には、サントリーのソノマ・ワイナリー、シャトー・セント・ジーンChateau St. Jean(現在は売却)、大塚食品のリッジ・ヴィンヤードRidge Vineyard、サッポロ・ビールのセント・クレメントSt Clement(現在は売却)、メルシャンのマーカム・ヴィンヤーズMarkham Vineyardsなどの日本資本がかかわった例も含まれる。 現在、米国全州でワイン造りは行われているものの、米国内で売られているワインの10本中9本以上はカリフォルニア州産。この事実でもわかるように、米国のワイン産業の中心は文句なくカリフォルニア州で、ここまで成長したのは多くのブドウ生産者・ワイン醸造家/オーナーたちの情熱によるものと考えていいだろう。

週刊ジャーニー No.1021(2018年2月8日)掲載

ミヨコ・スティーブンソン Miyoko Stevenson
WSETディプロマ取得。Circle of Wine Writers会員。Chevalier du Tastevin(利き酒騎士)団員。Jurade de St-Emilion団員。International Wine Challenge審査員。The Guild of Freemen of the City of London会員。ワイン関連の訳書・著書あり。現在、ロンドンでワイン教室を主宰。
www.miyokostevenson.co.uk
e-mail : 
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。