レストラン級の美味しさ!

イカスミ スパゲティ

所要時間25分

材料(2人分)
イカ(掃除前)・・・・・250~300g
※イカの掃除(処理)を鮮魚店で頼む際の英語については下の「Point」参照。
スパゲティ(乾麺)・・・・・200g
トマトパサータ・・・・・200ml
オリーブオイル・・・・・大さじ1
にんにく(みじん切り)・・・・・2かけ
バター・・・・・大さじ1/2
エシャロット・・・・・150g
塩(パスタ用)・・・・・水1リットルに対して10g
イカスミ・・・・・大さじ1
白ワイン・・・・・100ml
砂糖・・・・・小さじ1
塩・・・・・小さじ1/2

作り方画像

作り方

  • エシャロットを薄切りにする。フライパンに油(分量外)をひいてエシャロットとにんにくを入れ、エシャロットが飴色になるまで弱火で炒める。
  • 強火にし、リング状に切ったイカの胴体と、一口大に切った足(ゲソ)などを加え、イカが乳白色から白っぽくなるまで炒める。ここにトマトパサータと白ワインを入れ、1分ほど加熱。
  • ②にイカスミを加え、ざっと混ぜ合わせる。砂糖と塩を加えて中火にし、10分ほどさらに煮込む。
  • ③で中火で煮込み始めたころを見計らい、スパゲティを茹でる。しっかり塩を入れた(水1リットルに対し10gの割合)、たっぷりの湯でスパゲティに下味がつくように茹でる。
  • スパゲティを茹でている間も、③が焦げ付かないように時折混ぜる。スパゲティが茹で上がったら、③のソースにバターを加えたあと、スパゲティも入れて混ぜ合わせれば出来上がり。

Point

squid ink
トマトパサータtomato passataはトマトを裏ごししたもの。トマト缶(水やジュース漬け)とは異なり、トマトの旨味が凝縮されている。トマト缶では酸味が残りやすいので、このレシピにはパサータを使うのがお薦め。
イカスミsquid ink(cuttlefish ink)は瓶詰め製品が便利。鮮魚店で販売されていることも多いが、「Amazon」などでも購入可=写真はその一例。
イカを掃除(処理)してほしい時は「Please clean it.」で通じる。

週刊ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

プリヒル姉さん

料理:プリヒル姉さん
ロンドンのプリムローズヒルにある仏系魚屋勤務(日本時代をあわせて魚屋歴22年)。毎週木曜日はマーブルアーチにできた2号店にて勤務。
【ブログ】http://blogs.yahoo.co.jp/vivi1017press
La Petite Poissonnerie
■プリムローズヒル店 75A Gloucester Avenue, London NW1 8LD(月曜定休)
■マーブルアーチ店 19 New Quebec Street , London W1H 7RY(日・月曜定休)Tel: 07588 393 995(日本語)

週刊ジャーニー No.1090(2019年6月13日)掲載