英近海産ホタテの旨味を楽しみたい!

ホタテとほうれん草、ベーコンのグラタン

所要時間20分

材料(前菜サイズ、4人分)
ホタテむき身・・・・・3~4コ
バター・・・・・15g
ベーコン・・・・・3~4枚
茹でほうれん草・・・・・60g
シングルクリーム(豆乳クリームでも可)・・・・・250~280ml
コショウ・・・・・適量
お好みのチーズ・・・・・30~40g
パン粉・・・・・適量

作り方画像

作り方

  • オーブンを200℃に予熱する。
  • フライパンにバターを入れて刻んだベーコンを加え、中火で炒める。
  • ホタテの身だと思われがちの部分は、実は貝柱。貝柱からコーラル(オレンジ色の部分=卵)と筋肉(コーラルと貝柱をつなぐ部分)を切り離す。貝柱は3~4等分に、コーラルと筋肉は、等分した貝柱の大きさにあわせて切り、すべてを②に加え、貝柱が乳白色に変わるまで炒める。
  • 茹でほうれん草(今回は冷凍ほうれん草を茹でて使用)を長さ2センチ程度に切ってから③に加えてひと炒めし、シングルクリーム、コショウを入れて2分ほど加熱し、ホタテとベーコンの旨味をクリームになじませる。
  • とろみづけのため、チーズを加えてひと炒めし、ココット皿(またはアルミ製カップ)に分け入れ、パン粉を振り掛ける。オーブンで約10分焼けば出来上がり(パン粉に軽いこげ目がつけば良い)。

Point

ホタテは英近海産のものが断然美味しい。貝柱(「身」の部分)が乳白色でオレンジ色の卵(コーラル)がついているのが英近海産。これに対し、貝柱のみで売られる、白っぽいアメリカンホタテ(米国産)は旨味に欠ける。

週刊ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

プリヒル姉さん

料理:プリヒル姉さん
ロンドンのプリムローズヒルにある仏系魚屋勤務(日本時代をあわせて魚屋歴22年)。毎週木曜日はマーブルアーチにできた2号店にて勤務。
【ブログ】http://blogs.yahoo.co.jp/vivi1017press
La Petite Poissonnerie
■プリムローズヒル店 75A Gloucester Avenue, London NW1 8LD(月曜定休)
■マーブルアーチ店 19 New Quebec Street , London W1H 7RY(日・月曜定休)Tel: 07588 393 995(日本語)

週刊ジャーニー No.1087(2019年5月23日)掲載