ホンネで語る!
英国で大学留学

前編

大学生活のトラブル

思い切って日本を飛び出し、英国へ留学。留学を決めたきっかけや、英国で学んだこと、留学生活の悩みなど、日本人学生たちの生の声を聞くべく、3名の女子学生による座談会を決行。熱く語り合っていただきました(全2回)。
参加者のプロフィール
Aさん(22歳)/交換留学生としてサウサンプトン大学に1年間留学中。専攻は英文学と音楽。神奈川県出身。
Bさん(24歳)/ロンドン芸術大学でファッション・ビジュアル・マーチャンダイジング・アンド・ブランディングを勉強中。福岡県出身。
Cさん(22歳)/日本の大学を休学して、ウェストミンスター大学に1年間留学中。専攻はインターナショナル・コミュニケーション。東京都出身。

やる気を証明しなくちゃ

― 留学のきっかけを教えてください。

A
小学校3年までの3年間、父の仕事の関係で家族でイギリスに住んでいました。日本に戻ってみて、イギリスにいたときと、日本に戻ったあとの自分の性格が違う感じがしたのと、家と学校で言語を使い分けていることに気づいたんです。それがなぜか知りたくて日本で言語学を専攻し、コードスイッチングを研究するようになりました。

― コードスイッチングとは?

A
会話の途中で言語が切り替わることで、例えば日本語で話しているのに急に単語が英語になることです。子供の頃から自分の中で起こっているこの現象が気になっていたので、卒論のテーマでもあるコードスイッチングを留学して研究したいと思いました。
C
私は日本で少年法を学んでいたときに、少年補導員(警察から委嘱された民間スタッフ)や家庭裁判所のボランティアを通して非行少年と関わる中で、子供の貧困問題を知ったんです。「貧困」というと発展途上国での印象があったので、日本の状況に衝撃を受けました。そこで改めて世界の貧困を調べているうちに、イギリスは日本よりもひどいことがわかったんです! イギリスは開発学が発展しているにもかかわらず、なぜ子供の貧困が深刻なんだろうと思ったのがきっかけです。
B
私は高校を卒業したあとに、日本の大学に行く予定で予備校に通っていたんです。そのとき青学(青山学院大学)を目指していましたが、志望理由を書くときに理由が書けなかったんです。何で行きたいのかがずっとわからなくって。

― 数ある大学の中からどうやって志望校を青学に絞ったんですか?

B
近所のお姉さんが青学に合格したというのを母親が知って、「うちの娘も青学に入ったら嬉しい!」と言っているのを聞いて、ぼんやり青学が決まっていったんです(笑)
A
そういうのありますよね(笑)
B
悩んでいるときに予備校の先生から「なんで選択肢を日本だけにするんだ?」って言われて、初めて日本以外も見てみようと思いました。ファッション経営学を勉強したいという思いがあったから、色々探した結果、イギリスに行こうって決めました。一度決めたら予備校に通っても意味がないと思い、途中で辞めて渡英しました。
AC
すごい決断力!

― 家族の反応は?

B
「受験勉強が落ち着いてからじゃダメなの?」って反対されました。でも私の中では留学したいという思いが強かったから、両親と話し合いました。

― どうやって説得しましたか?

B
予備校を辞めるまでに2ヵ月間くらいあって、その間、私は英語だけ勉強すればよかったんですけど、でも「辞めるまでは、現代文や世界史も手を抜かず、模試も普段通りに受けて点数をキープし続けた上で、英会話に通う」という、ふたつを両立させられたらいいよと言ってくれて。英会話に行き始めたら楽しくなっちゃって、ひたすら勉強しているのを見て、最終的に納得してくれました。
A
私は一度海外で生活したことがあったので、「また行く必要があるのか?」って言われました。当時大学4年生ということもあり、「就職活動を保留にしてまで来る必要があるのか?」って。今まで現役でトントン進んできたのに、ここで1年止まってしまうのはどうなのか、って自分でも悩みました。でもチャンスを逃したくなくて、大学の交換留学プログラムを受けることを決めて、合格できれば自分の気持ちもはっきりするし、親にも認めてもらえるんじゃないかと思いました。なので、親には内緒で応募して、受かってから話すという、有無を言わせない状況を作りました(笑)
C
私も同じです! 今、文部科学省の「トビタテ! 留学JAPAN」というプログラムで留学していて、実はこれに受からなかったら、親から許可が下りなかったんです。就活目前だったので、「就活しなさい」って言われたんですけど、頭の中から「留学」が離れなくって。何かを証明しないといけないんだと思って、必死に頑張りました。

子供の頃にイギリスに住んでいたと話すAさん。

学校の心強いサービス!?

― イギリスの大学に入って驚いたことは?

A
PAT(Personal Academic Tutor)というサービスがあって、生徒1人にチューターが1人ついて、恋愛のことでもフラットの悩みでも、授業の悩みでも全部相談できるのですが、それがめちゃくちゃ心強いなって思いました。音楽学部の授業を特別に受けさせてもらうために、PATを通して音楽学部の先生と連絡をとってオーディションを…。
B
オーディション?
A
(笑)。音楽学部に入るためには、ある程度の知識と技量が必要で、まずはオーディションを受けないといけないんです。学部の授業をとるのにオーディションがあるというのには、私もびっくりしました。オーディションを受ける手続きなどひとりではわからなかったので、PATに手伝ってもらい、そのときにPATの存在は大きいなと思いました。
B
うちの大学にも「Student Service」という名前で同じようなサポートがあります。申し込んだら面談の時間を1時間もらえて、言語の悩みだったら言語の先生を、精神的な相談だったら専門の先生を選ぶ感じです。「Students Union」というのもあって、これは悩みや疑問を先輩に聞ける、生徒目線のサポートです。
C
へーいいですね。私の大学にも「Students Union」がありますが、システムはちょっと違います。日本でいうサークルのようなちょっとした団体を取りまとめているユニオンなのですが、私は残念な一面が見えてしまったんです。1ヵ月前にジャパン・カルチャー・イベントを自分で企画・運営したのですが、そういう場合は、「Students Union」を介す必要があって、担当者とミーティングして場所と日時を決めました。ですが1週間前に連絡をしたら音信普通になっちゃったんですよ!
AB
えっ!?
C
ほかのユニオンの人に聞いても、誰も知らないって。イベントの宣伝も済んでいたし、たくさんの人に協力してもらっていたし、準備に時間もお金もかけていたので、本当に困りました。前日までに電話とメールを何度してもダメで、最終的に当日はどうにか狭いスペースを貸してもらって実施できましたけど…。日本だったらきちんとやってくれるところを、イギリスはちょっと違うなと感じました。
B
イギリスってすごくルーズなこと多いですよね(苦笑)

日本で大学進学を考える中で、イギリスの大学に通うことを決めたというBさん。

今の時代にも差別はある?

― 他の留学生とのトラブルや生活の上での悩みはありますか?

A
寮生活で起こることが一番多いかな。文化の違いがあからさまに出るので。キッチンの使い方が汚いとか、音がうるさいとか、男の人を連れ込むとか…。
BC
(笑)
B
私が体験したトラブルは、差別です。今の時代にも差別があるって思いもしませんでした。クラスメイトと普通に挨拶はするんですけど、いざグループワークで一緒に課題をするとなったときに、日本人のきっちりした文法の英語と、現地の人の英語は違うので、「あなたがいると点数が下がるから、いてほしくない」って言われました。
AC
ひどい!
B
私の大学は地元の学生が中心で、あと中国人が多いんです。中国人は中国人で他の国の人と群れないのでそれはそれでいいんですけど、日本人は私ひとりで、グループワークをするときには、ローカルの人と交わらないと課題ができないんです。だから入って行くしかなくって。最初は普通にグループを組みましたが、最終的に「あなたはアジア人だから何もしないで」って言われて(苦笑)
C
その気持ち、わかります。私も差別された経験があるんです。今、あるチャリティ団体が運営するチャリティ・ショップでボランティアをしていますが、日本人のきっちりとした接客を見て、マネージャーがバカにした様子で「うわ! またやってるよ」と話しているのを聞いちゃったんです。他にも、返品不可の商品を返品したいというお客さんがいらして、返品できない理由を説明してもわかってもらえず、私がいる前で他のスタッフに、手を目尻に当てて横にピッて伸ばすしぐさをして、私が責められたんです。
AB
それはきつい。
A
その点で言えば、ミュージカル・サークルで公演のオーディション受けたときに、ブロードウェイのミュージカルとなるとそもそもアジア人の役がないので、なかなか入れてもらえず苦労しました。そのサークルには留学生がいなかったので、入った当初はほかの生徒との間にすごい距離がありました。でも一度距離が近づくと、離さないでいてくれるということを今では実感しています。

お母さんに電話したい!

― 日本が恋しくなったことは?

A
就職した同期の話を聞いたり、友達がみんなで京都旅行に行っている写真をインスタで見たりすると、一瞬帰りたいって思います。でもやっぱりイギリスって魅力的だから、まだそこまで恋しくなっていません。
C
私は1回なりました。去年オックスフォード・サーカス周辺でテロ騒ぎみたいなのがあったのを覚えてますか? 私は駅の隣のトップショップにひとりで買い物に行ってたんです。そうしたら、大勢の人が「シューティング」「テロリズム」って叫びながら、全力疾走で店の中に入ってきたので、「やばい! 私も走らなきゃ死んじゃう」って思いました。スタッフルームのラックの間に隠れたのですが、怖くなって泣いちゃって…。私の前にいた女性のスタッフさんが、「大丈夫だから手を握ってて」って言ってくれたので、泣きながら手を握っていました。そのあと、そのスタッフの人と一緒に外に出たのはいいのですが、どこが安全かわからない状態で…。走った先にオフィスのサラリーマンが扉を開けて「おいで」って言ってくれるのが見えて、そこにかくまってもらいました。そのときは「お母さんに電話したい!」って思いました。
B
私はロンドンに来たばっかりのころは、母親のご飯が食べたくてホームシックになりました。目玉焼きを出されただけで、母親の目玉焼きのほうが断然美味しいと思っていました。当時はまだ親がスマホじゃなかったので、ラインとかができなくて、毎日国際電話をしてました。すごい料金になりましたよ。今は、ロンドンのほうが自分には合ってると思うので、帰りたいとはまったく思っていません。ただ、たまにインスタで「モツ鍋」とかの写真を友達がアップすると、こっちにはないから「モツ鍋を食べるためだけに帰りたーい!」って思います(笑)
AC
(笑)。

オックスフォード・サーカスでのテロ騒ぎに遭遇し、
あまりの怖さにホームシックになったというCさん。
トビタテ! 留学JAPANとは?

「トビタテ! 留学JAPAN」のウェブサイト。

文部科学省が行う留学推進キャンペーン。民間企業からの支援や寄付を得て官民協働でグローバル人材を育成することを目的とする。 2014年に始まった「日本代表プログラム」では海外留学支援制度に取り組んでおり、2020年までに約1万人の高校生、大学生を派遣留学生として送り出す計画。手厚い奨学金が支援される。
詳しくは「トビタテ! 留学JAPAN」のウェブサイト(www.tobitate.mext.go.jp)にて。

週刊ジャーニー No.1035(2018年5月17日)掲載

「英国で大学留学」後編のテーマは、「留学生として学んだこと」です。どうぞご覧ください!
今後のテーマ、参加者を募集中!