チューダー朝の歴史を知る英国映画

A Man for All Seasons 『わが命つきるとも』(1966)

16世紀のイングランドを舞台に、ヘンリー8世に仕えた大法官トマス・モアの半生を描き、アカデミー賞、作品賞、監督賞、主演男優を含む全6部門に輝いた歴史ドラマ。英国の歴代国王の中でも最も個性的なヘンリー8世が統治する1528年。ヘンリーは男の世継ぎを生まない1人目の妻、キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚を切望し、離婚が許されないカトリックのローマ法王の許しを得るため、ヨーロッパ中の人々から信頼されていた、時の大法官トマス・モアに離婚の弁護を迫ったが、モアはこれを拒み…。

(英・120分・U) 監督:フレッド・ジンネマン 出演:ポール・スコフィールド、ウェンディ・ヒラー、レオ・マッカーン、ロバート・ショウ、オーソン・ウェルズほか
Amazon Prime Video、Google Playでレンタル可

Lady Jane 『レディ・ジェーン/愛と運命のふたり』(1986)

「9日間の女王 9Days Queen」と呼ばれたレディ・ジェーン・グレイの生涯を描いた歴史ドラマ。舞台はヘンリー8世亡き後の16世紀中頃の英国。父王の跡を継いだエドワード6世の下で摂政として実権を握っていたジョン・ダドリー卿は、病弱で先のないエドワードの後も自らの地位を盤石なものとするため策略を練っていた。そこで、ヘンリー8世の妹の孫娘である15歳のジェーン・グレイに白羽の矢を立て、自分の息子ギルフォードと結婚させ、無理やり彼女の王位継承を仕組むが…。

(英・136分・PG) 監督:トレバー・ナン 出演:ヘレナ・ボナム・カーター、ケイリー・エルウィズ、ジョン・ウッド、パトリック・スチュワートほか
Amazon Prime Video、YouTube、Google Playでレンタル可

Elizabeth 『エリザベス』(1998)

ケイト・ブランシェットがエリザベス1世を熱演し、強烈なヴィジュアルでアカデミー賞メイクアップ賞、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞に輝いた歴史大作。ジェーン・グレイ廃位後、女王の座に就いたカトリックのメアリー1世は、異母妹でプロテスタントのエリザベスをロンドン塔に投獄する。ほどなくしてメアリーは他界し、国王となったエリザベスにスペイン王との結婚話が持ち上がるが、彼女には恋人がいた…。一方で国内の財政は厳しく、スコットランドとの戦争にも敗れるなど多くの難題に直面していた。続編もあり。

(英・124分・15) 監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、ジョセフ・ファインズ、リチャード・アッテンボローほか
Amazon Prime Video、YouTube、Google Playでレンタル可