教えてヘンリーくん!

Q104チェルシー・フラワーショーは、なぜガーデンがメインなの?

Aふむ、毎年5月下旬に開かれるチェルシー・フラワーショー(The RHS Chelsea Flower Show)。春から夏にかけて各地でフラワーショーが開かれるが、チェルシー・フラワーショーは、なかでも英国最大級。それなのに、花ではなく最新のガーデン・デザインを競い合っているのは妙じゃよな。

チェルシー・フラワーショーの起源は1833年。「英国陶工の父」ジョサイア・ウェッジウッドの息子が、植民地からもたらされる様々な植物を育てるため、ガーデニングとその技術の進歩を促そうと「王立園芸協会(RHS)」を設立。その園芸協会主催で、1833年に花の競技会「The Flower Show Chiswick」が初開催されたのが始まりじゃ。

のちにガーデニング・ブームが到来し、都会におけるガーデン・デザインを競うようになっても、名称は当初のものがそのまま引き継がれた…というわけじゃよ。

ちなみに、今年は5月24日~29日まで開催されるぞ。大人気のチケットはすでに完売間近! 行きたい者は急ぐのじゃー!

週刊ジャーニー No.1237(2022年4月28日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。