教えてヘンリーくん!

Q87クリスマス・プディングで、翌年を占うって本当?

Aこのシーズンの定番スイーツのひとつ、クリスマス・プディング。クリスマス・ディナーの締めに欠かせぬ、ブランデーやラム酒をたーんまりと含んだケーキ(?)じゃ。

クリスマス・プディングは、クリスマスの1ヵ月前までに完成させて、当日まで熟成させるのが鉄則じゃ。よく使われるスパイスが、シナモン、クローブ、ナツメグの3品。これらはキリスト誕生の際に祝いに駆けつけた「東方の三博士」がキリストに贈った、乳香、没薬、黄金を象徴しておるのじゃよ。

家族全員で1回ずつ願いごとを唱えながら生地をかき回した後、硬貨、指輪、指ぬきやボタンを入れる…これがトラディッショナル! 切り分けたときに、自分のプディングに入っていたものによって、翌年の運勢が決まるというわけじゃ。ちなみに意味は、硬貨=幸福、指輪=結婚、指ぬきやボタン=独身となる。

口に入れるときには、くれぐれも気を付けるのじゃぞ。歯が欠けたー!! なーんてことになったら、クリスマスどころじゃなくなるしな。

では皆の者、また来年に会おうぞ!

週刊ジャーニー No.1219(2021年12月16日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。