教えてヘンリーくん!

Q80ダイアナ妃が暮らしたフラット、ブループラークが設置されたって?

Aそうじゃ、よく知っておるな! 春に今年の新たなブループラーク設置場所が発表されたが、その時に大きな話題となったのが、ダイアナ妃が結婚前に暮らしていたフラットじゃ。9月29日に、プラークが無事飾られたようじゃな。

彼女が住んでいた部屋は、アールズコート駅から徒歩7分、グロスターロード駅から徒歩10分の場所にある赤レンガ造りの「コールハーン・コート(Coleherne Court)」の60番。スイスの女学校 を卒業後、ロンドン生活を始める際に、不動産会社に勤めていた姉がこの物件を紹介。祖母の遺産でそれを購入し、ダイアナが大家となって3人の友人女性たちと1979年7月~1981年2月まで、1年半ほどシェア生活をしたのじゃよ。

その期間はパートタイムでナニーをしたり幼稚園の先生をしたりしていたようじゃが、やがてチャールズ皇太子と交際をスタートさせて婚約。フラットメイトに婚約を報告した時には、みんなで大声をあげて喜び、こっそりと祝賀ドライブに出かけたそうじゃ。

いい思い出が詰まった部屋が「歴史的価値がある場所」として認定され、きっとダイアナも喜んでおるんじゃないかのぅ。

週刊ジャーニー No.1209(2021年10月7日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。