教えてヘンリーくん!

Q75ロンドンで「オープンハウス」が開催されるようになったのはなぜ?

Aふむ、初開催から今年で30 周年を迎えた「オープンハウス・ロンドン」。ロンドン内のさまざまな建物を無料で見学でき、普段は一般公開されていない外務省や王立裁判所、各国大使館などの政府関係施設やオフィスにも足を踏み入れられるとあって、大人気のイベントじゃ。

だが残念ながら、これは英国のオリジナル企画ではないのだ。1983年9月にフランスで始まった「自国の歴史・文化遺産を国民に広く知ってもらうこと」を目的とするイベントのひとつに、歴史的建造物などを無料で一般公開するというのがあった。これをマネしたのじゃよ! とはいえ、それは我が国だけではない。ヨーロッパ各国が同様のイベントを足並みそろえて同じ日に催すようになったが、「大陸とおそろい」はイヤじゃったのだろうなぁ。同じ9月でも、必ず1週前後にずらして開催するのが「英国流」じゃ!

ちゃーんと理解したか? 今年も開催されるようじゃぞ。詳しくはこちらを見ることじゃな!

週刊ジャーニー No.1203(2021年8月26日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。