教えてヘンリーくん!

Q65結婚前夜の男性だけのパーティー、なぜ「スタッグ」って呼ぶの?

Aふむ、ヨーロッパには「6月に結婚すると生涯幸せになれる」との言い伝えがあるゆえ、グッドタイミングな質問じゃな。

結婚前夜に「独身最後の日」つまり「最後の自由」を楽しもうと、花婿を主役に男だけで集まるパーティーを英国では「スタッグ・パーティー」「スタッグ・ナイト」と呼ぶ。この「stag」、現在は「牡鹿」という意味じゃが、余が治めておった中世時代では「オスの動物全般」を指す言葉じゃった。女人禁制を示す隠語として、よく使ったものよ。

スタッグ・パーティーが開かれた最古の記録は5世紀のギリシャ。ただし英国での起源はもっと遅く、国に広めたのは…そう、余じゃ!結婚式を6回も挙げておるからな。そのたびに家臣を招集して、結婚の前祝いと男児の誕生を願い、酒を浴びるように呑み明かしたものよ…。

ちなみに、女だけで行う祝いは「ヘン・パーティー」。「Hen(雌鶏)」は、中世では「メスの鳥全般」を意味する隠語だったのじゃよ。

しっかり覚えておかんと、首はねちゃうぞ!

週刊ジャーニー No.1193(2021年6月17日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。