教えてヘンリーくん!

Q61マーマイトって、何からできているの?

Aふむふむ。丸い黒ビンに黄色のフタとラベルが目印の英国名物「マーマイト」。焦げ茶色のペースト状の食べ物で、英国人でも好き嫌いがわかれる一品じゃな。商品のキャッチフレーズも、マクドナルドのLOVE 全面押しとは違って、英国人らしく控えめな「Love it or hate it」じゃ。

この黒っぽいドロドロのマーマイト、実はビールの醸造過程で使った酵母が原料なのじゃよ。その昔、醸造過程で残る酵母の「カス」を、なんと英国人はそのまま食べておった(もの好きじゃな)。じゃが1902 年、そのカスを凝縮・圧縮してビン詰めにする方法が開発され、誕生したエキスがマーマイトじゃ。

ビール酵母ゆえに苦みと独特のニオイがあり、塩気も強い。でもビタミンBが豊富じゃから、第一次世界大戦中は兵士たちの糧食にもなっておったそうじゃ。食べ方は、トーストやフランスパンにバターをたっぷりのせて、その上にうすーく塗るのが鉄板じゃ。スープなどの煮込み料理に使う者もおるな。

ちゃーんと理解したか? 覚えておかんと、ビール樽に漬けちゃうぞ!

週刊ジャーニー No.1188(2021年5月13日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。