教えてヘンリーくん!

Q56日本よりも英国の方が、日差しが強く感じるのはなぜ?

Aふむ、 英国は日差しが強い!と感じる人は多いんじゃなかろうか。ピーカンな日は肌がジリジリと焼け、かといって木陰に入ると肌塞い。グラサンなしで歩こうものなら、太陽が目にしみるぜ!ってな具合に眩しくて、目の大きさが半分になってしまう(余だけか?)。なぜこのように、 日本よりも英国の方が日差しが強く感じるのか?気温は低いのに。

それは直射日光量が多いからじゃ! 太陽光は雲や空気中の水蒸気・チリなどに遮られ、 少しすつ威力を削られながら地上に降り注いでおる。日本の夏は湿度が高く、大気に含まれる水分も多いゆえ、実はかなり太陽光が遮られておるのじゃよ。それに比べて、乾燥した英国の直射日光はかなり強いものなのじゃ。英国に来て から日差しの強さに肌が過敏になって、じんましんが出る者もおるようじゃよ。

ちゃーんと理解したか?覚えておかんと、首はねちゃうぞ!

週刊ジャーニー No.1183(2021年4月8日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。