【おススメ動画・英国ぶら歩き】ヘンリー8世との第1の妻 キャサリン・オブ・アラゴンの切ない生涯 (後編)「混沌への序章」

アン・ブリンが強烈な個性を放っているためその陰に隠れてしまった感があるヘンリー8世1番目の妻キャサリン・オブ・アラゴンKatherine of Aragon。娘はメアリー1世となったわけですから、立派にお世継ぎを生んでいたことになります。

6人の妻たちの中で、彼女だけが本物の王妃だった気がします。ただ、男子の継承者をもうけることができなかった。それだけ。キャサリンが悪いわけではないのですがヘンリーは男子が欲しかった。それだけでキャサリンが宮廷を追われたのは理不尽としか言いようがありません。農民や庶民も軍人も大変だったんでしょうが、貴族や宮廷もなかなか大変な厄介な時代だったんですね。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

職探し・求人 最新情報

イギリス情報掲示板 PANDORA
Feed not found!

PANDORAで職探し・求人情報をもっと見る