運転中にスマホ操作…ベッカムに6ヵ月免停と罰金刑

サッカーのベッカム氏『ながら運転』罰金と運転禁止。© ANNnewsCH

■ 英サッカー界の元スーパースター、デヴィッド・ベッカム氏(43)がロンドン市内を運転中、スマートフォンを操作していたとして6ヵ月の免停と750ポンド(約11万円)の罰金を言い渡されていたことが分かった。「メトロ」紙(電子版)が報じた。

昨年11月、ロンドン市内グレートポートランドストリート駅近くで、ベッカム氏がスマートフォンを操作しながら車を運転していたと、目撃者から通報があった。ブロムリー治安裁判所は9日、同氏に対し6ヵ月の免許停止処分と減点6、750ポンドの罰金刑(プラス裁判費用100ポンド)を言い渡した。

検察は目撃者が撮影した同氏の写真を証拠として提出。同氏は昨年1月、スピード違反で既に6点減点されていた。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)