【おススメ動画】エリザベス1世を支えた重鎮ウィリアム・セシルの館、バーリーハウス

「ダ・ヴィンチ・コード」「高慢と偏見」そして「エリザベス:ゴールデンエイジ」等の映画のロケが行われたこれぞ英国貴族の館、といった邸宅が、このバーリーハウスBurghley House。エリザベス1世に40年近く仕えたウィリアム・セシルWilliam Cecilは側近中の側近ともいえる存在。 ジェントリとはいえ、ヘンリー8世の衣裳係を務めた家庭の子として誕生。女王に仕えて国務長官や財務卿にまで上り詰め、男爵となりました。子孫は侯爵となり今もこのバーリーハウスに暮らしています。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)