【英国も注目!感動映像】桐生市の人情食堂…「はっちゃん」が泣けてくる。

群馬県桐生市で食べ放題の食堂「はっちゃんショップ」を経営する田村はつゑさん(83)。幼少時、食べ物に苦労した経験から「お客さんにはそんな思いをさせたくない」と開業から20数年、500円食べ放題を貫いている。

学校に行かせてもらえず、修学旅行にも行けなかったはっちゃんの夢は一人修学旅行。57歳の時にバイクで日本一周を達成し、夢を叶えた。その時、日本各地で人の優しさに触れ、世間様への恩返しを決意。62歳の時に「はっちゃんショップ」を開店した。
遠方から来た人や小学生以下は無料など、採算を度外視した経営は毎月7万円の赤字。それを遺族年金で補っているという。最近、「世間の風は冷たいな」「世の中厳しいな」と感じた人、動画を見てはっちゃんから元気と優しさをもらおう!

食べ放題500円!おばあちゃん食堂「はっちゃんショップ」

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

その他の記事