あきらめないメイ首相!ブレグジット協定否決なら未知の領域に

■ テリーザ・メイ首相は6日、BBCのテレビ番組に出演。英議会がEU離脱協定を採択しなかった場合、英国は「未知の領域」に突入してしまうだろうと警鐘を鳴らした。

メイ首相は6日(日)朝、BBCの「アンドリュー・マー・ショー」に出演。今月半ばに予定されている離脱協定の採択は必ず実施されると強調。もしも議会が離脱協定を承認しなければブレグジットは危機的状況になると話した。
議会は昨年12月に採決を実施する予定だったが承認の公算がないとしてメイ首相は延期を決定。改めて今月14日か15日に行われる予定になっている。番組で司会を務めるマー氏の「採決は間違いなく行われるか」と言う問いに対し首相は「はい。実施します」と明言。議員が自信を持って協定を支持できるよう、欧州各国と話し合いを継続していると述べた。
メイ首相はその上で、もしも議会が離脱協定を否決すれば合意なきブレグジットの支持者や、2度目の国民投票を開催してEU残留を画策している層を勢いづかせてしまうと示唆。「協定が承認されなかった場合、我々は未知の領域(uncharted territory)に足を踏み入れることになる」と警告した。
「アンドリュー・マー・ショー」を見逃した方はこちらから

© BBC News

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)