【おススメ動画!】オルソープに行って来た‼ダイアナ元妃 永眠の地

スペンサー家の3女として生まれたダイアナ元妃はサンドリンガム敷地内の邸宅で幼少期を過ごしました。14歳の時に祖父が他界したことで伯爵となった父に連れられてオルソープに移り住み、20歳でチャールズ皇太子と結婚するまでの数年間をここで過ごしました。

1997年にパリで突然亡くなった元妃はオルソープ敷地内にある池の中に浮かぶ小島に埋葬されています。オルソープは毎年、夏の2ヵ月余り一般に開放されており、その間は世界から献花に訪れる人で賑わいます。

今回編集部ではオルソープの許可を得て邸宅内部と庭園、そしてダイアナ元妃が埋葬されている小島を撮影、1本のムービーにまとめましたのでぜひご覧ください。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)