【衝撃映像!】高速暴走老人 サイクリストを 跳ね上げて逃走

■ サマセット県の国道を走っていたサイクリストたちが後ろから猛スピードで走って来た車と接触、2人を負傷させたまま逃げ去る事件があった。車を運転していたのは年金暮らしの男性だった。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

事故があったのは昨年11月23日のこと。サマセット県ヨービル近くの国道A359をグループで走っていたサイクリストたちの横を猛スピードで追い抜いていった車がサイクリストの1人と接触。転倒した勢いで別のサイクリストに接触し2人は激しく路上に叩きつけられた。最初に転倒した女性は指とろっ骨を骨折。ヘルメットに装着していたカメラがその場から逃走した車を捉えており、警察はウィンカートン在住のマイケル・タラント被告(81)をひき逃げの容疑で逮捕。その初公判が7月9日にトーントン刑事法院で行われ、タラント被告はひき逃げの容疑を認めた。裁判所は被告に免許停止2年の他、18ヵ月間監視下に置かれることと罰金20ポンドの刑を言い渡した。

閲覧注意!