叙勲リスト発表!カズオ・イシグロ氏にナイトの爵位授与へ

■ 英政府はエリザベス女王の公式誕生日を翌日に控えた8日、毎年恒例の叙勲リストを発表。昨年、ノーベル文学賞を受賞した長崎出身の英作家カズオ・イシグロ氏(63)=写真=に、大英帝国勲章1等勲爵士である「ナイト爵位」が授与されることが分かった。各メディアが報じた。

© Nobel Prize

イシグロ氏は「外国人の少年だった私を受け入れ、育ててくれた国からこのような栄誉を受けることに深く感動しています」とコメントを発表。「開かれた民主主義の伝統や、私がその一員となることができている素晴らしい英文学の文化を誇りに思っています」と述べた。英文学界への貢献が評価されたイシグロ氏は、今後「サー(Sir)」の称号使用が認められる。

イシグロ氏は長崎市生まれ。海洋学者だった父親の仕事の関係で、5歳のときに渡英。1983年に英国籍を取得した。89年には「日の名残(なご)り」で英国の権威ある文学賞「ブッカー賞」、今年4月には日英間の文化交流・相互理解の促進に寄与したとして、日本の旭日重光章を受賞した。

このほか、女優のエマ・トンプソン(59)に大英帝国勲章1等勲爵士である「デイム爵位」、俳優トム・ハーディ(40)に大英帝国勲章3等勲爵士(CBE)、キーラ・ナイトレイ(33)に大英帝国勲章4等勲爵士(OBE)などが授与される。

ノーベル文学賞授賞式でのイシグロ氏のスピーチ

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)