仮免許取得者、高速道路で 運転練習可能に!

■これまで英国では、運転免許証を取得する際の実技試験や実技練習で、高速道路での走行は法律で禁止されていたが、法改正に伴い、教習教官を伴えば高速道路でも走行ができるようになった。BBC(電子版)が報じた。

政府を始め、英国ロードサービス協会もこの法改正を歓迎しており、運輸大臣のジェシー・ノーマン氏は「若者が命を落とす2番目の理由は交通事故である。高速道路での実技練習は、若いドライバーが安全に運転するための技術と経験を積む機会になるだろう」と期待している。

自動車教官のシャロン・スター氏は、今回の法改正を好意的に受け止めながらも「教官の多くは高速道路での指導経験がない。ドライバー自身、まず次の点に気をつけて運転してほしい」と注意点を語った。

① 冷静に…運転時に最も大切なこと。隣に助けてくれる教官がいることを忘れず、落ち着いて。
② 次の見通しをつけながら…高速道路に進入する際には、速度を上げなければならない。
③ ためらわない…車線変更する際に戸惑っていると、自分や他人も危険に陥れる。
④ 速度制限に注意…速度制限が常に時速70マイルだとは限らない。設置されたスピードカメラにも注意すること。

2万人以上の運転者を対象にした調査で、免許を取得した人の8%が運転免許証を取得してから少なくとも半年間は高速道路での走行を避けていたと回答。また4人に1人が、初めて高速道路で運転したときは怖かったと明かしている。

写真:Thames Valley Police

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)