銀行送金詐欺拡大中 !1日110万ポンドが盗まれている

■さまざまな手口で銀行口座所有者を騙し、預金を送金させる犯罪が横行する英国。各銀行が対策をとることを繰り返し約束する中、ショッキングなデータが報告された。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

銀行や金融企業の事業者団体「UK Finance」が発表したレポートによると、今年上半期に起こった銀行預金にかかわる詐欺の被害総額は2億ポンドを超えたという。これは1日あたり110万ポンドを超えた計算になる。
銀行が記録した「オーソライズド・プッシュ・ペイメント」(何らかの形で口座所有者をだまし、別の口座に支払い〈預金を移動〉をさせるタイプの詐欺)の数は合計5万7549件にのぼり、昨年同時期から69%増加したとされる。ただ、支払い(預金の移動)を認証したのが被害者自身であることから、銀行側は返金に対して積極的ではなく、返金されたのは3930万ポンドにとどまっているという。
政治家や活動家は、銀行側は利用客を守るために十分な措置をとっていないと非難し、被害を止めるために早急な対策をとることを求めている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)