人手が足りない!NHSではガンの早期発見、困難!

■早期発見が治療のカギともいわれる病のひとつ、ガン。ところがイングランドでは、人手不足により早期発見が遅れているという。「メトロ」紙(電子版)が伝えた。

 英保健省下で国民の健康促進を目的に活動する「イングランド公衆衛生局」のデータによれば、ステージ3、4となってガンを診断された患者の数は11万5000人(2017年)に上ったとされる。このデータを分析したキャンサー・リサーチは、NHSの人材不足がガンの発見を遅らせていると指摘。ガンと診断された患者の中には、ステージが記録されていないケースもあり、この数はさらに多くなることが予想されるという。
キャンサー・リサーチのエマ・グリーンウッド氏は、「こんなにも多くの人の診断が遅れていることなど、受け入れがたい」とし、「生存率が向上しているとはいえ、そのスピードが十分速いとはいえない」と主張した。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)