e-スクーターの公道走行、法整備を急ぐべし!

亡くなったエミリー・ハートリッジさん/Instagram

■e-スクーター(立って乗るタイプの電動スクーター)は現在、公道での走行は禁じられているものの規制が緩いため公道や歩道で乗っている人をよく見かける。3月に英運輸省はロンドン交通局(TfL)のe-スクーター使用の法整備を検討するとしていたが、ロンドン交通局のボスは「決定を急ぐべき」と警鐘を鳴らしている。「メトロ」紙(電子版)が報じた。

ロンドン交通局のダイレクター、マイケル・ハーウイッツ氏は「現在、e-スクーターは車両としての扱いを受けておらず、そのため保険も税金も運転試験も課されていない。合法にすれば速度制限などのルール制定や駐車場所など決めることができる」と見解を述べた。
先月、e-スクーターに乗って公道を走行中だったテレビのプレゼンターでユーチューバーでもあったエミリー・ハートリッジさん(35)がバタシー地区でトラックにはねられて死亡。e-スクーターによる最初の犠牲者となった。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)