親しき仲にも礼儀あり!! 英国人とのつきあいで、しちゃイケナイこととは?

■ たとえ親しい間柄だとしても、金銭に関するやりとりで不仲に陥る可能性が十二分にあり、多くの人が実際にその過ちを既におかしていることが、改めて指摘された。「メトロ」紙が報じた。
マナーを重んじる英国では、金銭にまつわる『してはいけないこと』として、次のような事柄が挙げられるという。
・友人から借りたお金を長い間返さない。
・自分の給料の額を自慢する。
・「割り勘」となったときに、自分の負担分を下回る金額しか支払わない。
  電子決済のアプリを運営する「Pingit」が2000人を対象に行った調査で、こうしたマナー違反は、人間関係を維持するうえで大きな過ちとなると説明。このほか、「自分がいかに多く稼いでいるかをSNSで見せびらかす」「他人に、どれくらい収入があるか、金額をたずねる」といったことも、『してはいけないこと』とされている。
しかし、我々の6人に1人は、このような金銭にまつわる過ちを既に犯していることも判明したという。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)