温暖化抗議活動グループ、自然史博物館で寝そべったあと、次はどこへ?

■気候変動の危機を訴えてロンドンの交通の要所を封鎖していた環境保護団体「Extinction Rebellion(絶滅への反抗)」は21日、そのほとんどがマーブルアーチに移動した。英各メディアが報じた。

21日までオックスフォードサーカスを封鎖していた抗議団体。

今後の活動に関して指導者たちの間でも意見が分かれている様子で、一時はイースター休暇で混雑するヒースロー空港や高速道路を封鎖するという情報もあった。 実際には多くがマーブルアーチに移動。さらに100人程がサウスケンジントンの自然史博物館に乱入し、地上階のメインホールに寝そべって抗議を展開した。 女性リーダーは今週、さらに活動をエスカレートさせるとメディアに話している。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)