トレンドはヴィーガン(完全菜食主義者)になること!? でも偏見や誤解も絶えず

ここのところ、英国ではヴィーガン(絶対菜食主義者、または完全菜食主義者)になることへの関心が大きな高まりを見せているが、偏見や誤解を抱いている人もまだまだ少なくないようだ。「メトロ」紙が伝えた。
肉、魚はいうまでもなく、卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしないヴィーガン。乳製品を含まない、チーズの代用食品を販売する「Violife」がこのほど行った調査で、過半数の人がヴィーガン用の食事は「悪夢(のように不味い)」と見なし、ヴィーガンの人たちは常に「不機嫌」だと考えていることが分かったという。
また、ヴィーガンが食べてもいいもの、食べてはいけないものへの理解もまだ不十分で、3人に1人はレタスを食べてはいけない(実際は食べてもOK)と思い込む一方、22%は、ハチミツは食べても良い(実際にはヴィーガンの人は食べない)と信じていることも明らかになった。
5人に1人は、もしヴィーガンになる道を選んだ場合、恋しくなる食品としてチーズを挙げたとされており、調査元では自社製品を大いに推奨している。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)