大英博物館 ヒエログリフ:古代エジプトの謎を解く

大英博物館 ヒエログリフ:古代エジプトの謎を解く
Hieroglyphs exhibition, Temple lintel of King Amenemhat III, Hawara, Egypt, 12th Dynasty, 1855–08 BC © The Trustees of the British Museum
■ 生き物やモノなどの形を象った古代エジプトの象形文字「ヒエログリフ」の解読の軌跡に迫るエキシビションが、世界有数のエジプト・コレクションを誇る大英博物館で開催されている。ヒエログリフの文化と文明、その芸術性に魅せられたヨーロッパ人たちの探求の歩みと、『古代絵文字』の魅力に迫る。

大英博物館のコレクションの中で最も貴重な所蔵品のひとつが、古代エジプト語の神聖文字(ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)、古代ギリシア文字の、3種類の文字が刻まれているロゼッタ・ストーンだ。エジプトのロゼッタで発見されたこの『宝の石』によって、学者たちのヒエログリフ解読への速度が一気に増し、とうとうその謎が解き明かされてから200年。これを記念して開催されている本エキシビションでは、研究をリードした学者たちの軌跡とヒエログリフの魅力を、大英博物館が誇る所蔵品と世界各地からの貴重なコレクションとともに紹介している。

ナポリ国立考古学博物館所蔵の胸像。350-300 BC, Egypt, basalt MiC-Museo Archeologico Nazionale di Napoli, inv.n. 1065
上の胸像を詳細に模写したイラスト。トーヴァルセン美術館所蔵(コペンハーゲン)。Before 1850, Velletri, paper, Thorvaldsens Museum, ThM E1416, E1418

会場入り口には、象形文字とその意味、それに相当するアルファベットが記された遊び心溢れる回転キューブがずらりと並び、楽しくヒエログリフを学ぶことができる仕掛けがお出迎え。中に進むと、通常は同館の常設展示室に陳列されているロゼッタ・ストーンはもちろんのこと、ヒエログリフが記されたパピルスや彫刻、棺桶や石の水ためなど、数千年前の古代エジプトの品とともに、ヨーロッパ人のヒエログリフに対する執着心が垣間見える手書きの文献や辞書などが展示され、それらが西洋文明に与えた影響も紹介されている。

通常大英博物館の常設展示室に展示されているロゼッタ・ストーンは本エキシビション内に移動し、期間中エキシビション入場者のみ見学可能となっているのでご留意を。
ネジュメット女王の死者の書。 Detail of The Book of the Dead of Queen Nedjmet,papyrus, Egypt, 1070 BC, 21st Dynasty. © The Trustees of the British Museum

話し言葉とは無関係の魔法のシンボルと見なされていたヒエログリフの解明が、いかにして成し遂げられたのかを目の当たりにし、学者たちの凄まじい探求心に圧倒された。そして、体中に電流が走るほどの体験だったであろう解読の瞬間を疑似体験すると同時に、その情熱に熱く胸を打たれた思いがした。(文/ネイサン弘子)

子供も一緒に楽しもう。鳥が頭を下げるヒエログリフは「見つける」を意味し、「gem」と発音される。
エキシビション出口に特設されたエジプト関連ショップもお見逃しなく。

Hieroglyphs: unlocking ancient Egypt

The British Museum
Sainsbury Exhibitions Gallery
Great Russell St, WC1B 3DG
2023年2月19 日(日)まで
www.britishmuseum.org

週刊ジャーニー No.1263(2022年10月27日)掲載