都会のオアシス ロンドンの小さな庭園

■ 都会の喧騒の合間にぽっかりと存在する癒しの空間。今回はロンドン中心部のユニークな小庭園を大特集。買い物や仕事の合間に寛ぎにでかけてみよう。(写真・文/ネイサン弘子)

Reflection Garden 25 Cannon St, EC4M 9AF

セント・ポール大聖堂に隣接するキャノン・ストリート25番地の再開発の一部として、今年7月に誕生したばかりのミニ庭園。「反射(Reflection)」の名のとおり、庭園の中心に設えられた池の水面に大聖堂が見事に反射する。

Christchurch Greyfriars Church Garden King Edward St, EC1A 7BA

「ロンドン・ガーデン・スクウェア・コンテスト」の小広場部門で受賞歴がある、教会跡地のガーデン。ロンドン大火で破壊された後、クリストファー・レンの設計で再建されたが、戦火で再び破壊されたのちに公共庭園となった。

Postman's Park King Edward Street, EC1A 7BT

旧郵政省本部の近くにあり、郵便局員らが休み時間を過ごしたことからその名がついた庭園。1900年に設置された「英雄的自己犠牲の記念碑」には、他人の命を助けるために自らの命を落とした一般の人々の名と、その英雄的な行為が記されている。

The Phoenix Garden 21 Stacey St, WC2H 8DG

ウエストエンドの喧騒から逃れられる、ピースフルなコミュニティー・ガーデン。ボランティアたちが地道に造園してきた素朴な手作りガーデンには植物が鬱蒼と茂り、そこかしこに廃棄物を再利用したガーデングッズやベンチが置かれている。ストリート・アーティスト「STIK」の壁画が可愛らしい。

Brown Hart Gardens Brown Hart Gardens, W1K 6WP

古い変電所の上に建設されたテラス・ガーデン。メイフェアのオックスフォード・ストリートの南側すぐの場所にあり、アルコールを提供するカフェもあるので、買い物の合間に一息するのにピッタリのまさに都会のオアシス。

St Dunstan in the East Church Garden St Dunstan's Hill, EC3R 5DD

インスタグラマーたちの間ですっかり有名になった、映え映えな庭園。教会の廃墟を再利用している。廃墟の窓に絡まるツタが儚げな印象を与え、どこを撮っても絵になる。

週刊ジャーニー No.1255(2022年9月1日)掲載