目指すは西のコロンビア・ロード・フラワーマーケット!チズィック・フラワーマーケット

■東ロンドンで毎日曜日、身動きがとれないほどの賑わいを見せるコロンビア・ロード・フラワーマーケット。このマーケットを目標に、西ロンドンの住宅街チズィックで、月に1度のペースでフラワーマーケットが開かれている。3度目のロックダウンが解除され約半年ぶりに再開された、この花の市場に出かけてみた。

ロンドンには大規模なストリート・マーケットがいくつかある。花に関していえば東ロンドンのコロンビア・ロード・フラワーマーケットColumbia Road Flower Marketが最も名高い。第二次世界大戦時、および戦後の低迷期を乗り越えて1960年代に盛り返し、今に至っている。
この東ロンドンの人気マーケットに対抗すべく、西ロンドンで始まったのがチズィック・フラワーマーケットだ。スタート早々、コロナによるロックダウンを経験。多難な船出となったものの、5月2日に約6ヵ月ぶりに再開すると聞き足を運んでみた。

春を感じさせる花束や季節を先取りした温室咲きの切り花から、既に花が咲き始めている寄せ植え用苗、大小の観葉植物に、「長持ちして地球に優しい」とうたうドライフラワー(写真下右)まで、花のある暮らしを楽しみたくなる商品が各種揃う。


チズィック・ハイ・ロード沿いに14店、そこからL字型を描くように、デヴォンシャー・ロードにさらに10店が出店。切り花、苗、鉢植え、ドライフラワーと、バラエティ豊かな店が並ぶ。


コロンビア・ロードに比べればまだまだ小規模ながら、あまり混雑していない分、ゆったりとそぞろ歩きしつつ品定めができる。これならはぐれる心配も少なさそうだ。家族連れが多く目についたが、子供たちも花の香りを楽しんだり、目についた花について質問したりと目を輝かせていた。


コロナのこともあり、ほとんどの店ではコンタクトレス・カードが使用可能(公衆トイレはないので、パブやカフェで借りるしかない)。また、一角では大道芸人によるクラシック音楽が流れ、コロンビア・ロードとは違った雰囲気。月に1度というペースながら、季節を感じさせる路上マーケットとして定着していくことだろう。西ロンドンにお住まいなら、ぜひ訪れてみていただきたい。(写真・文/本紙編集部)

Chiswick Flower Market

毎月第1日曜日 9:30 ~15:00 次回は6月6日!
Old Market Pl, Chiswick High Rd, London W4 2DR
最寄り:Turnham Green駅徒歩7分
https://chiswickflowermarket.com

週刊ジャーニー No.1190(2020年5月27日)掲載