▲点心3種盛り合わせ。クオリティは先代から引き継がれている様子。£15.50

1980年代のオープン以来30余年、飲茶の美味しい店としてロンドナーの心を鷲掴みにしたジョインキンロー。「迷ったらジョイキン」と在英邦人の間でも人気店だったが2022年7月3日、「Good Bye」の一言を残して突然閉店。途方に暮れた読者も多かったと思う。先日、中華街を歩いていたら同じ場所で同名の店が営業していた。亡霊かと思って店の人に聞いたら新マネージメントがシェフを何人か再雇用してこの秋、再オープンさせたらしい。嬉しさ半分、不安半分で早速入ってみた。構造は以前と同じだけど、店内は綺麗に改装されて金ピカ。テーブルに案内されて最初に気づくのは「店員の気さくさ」。かつてジョイキンの店員とお相撲さんの笑顔はめったに見られなかったが、閉店中に一体何があった? 夜でも点心の一部が楽しめるのはありがたい。以前より少し味が濃い目だけど料理はいずれも美味しい。新生ジョイキンの実力を知るためには昼間のフル飲茶時に来るべきだったかな。ご時世的に少し値上がりした。先代が掴んだファンを呼び戻せるか、しばらくは正念場となりそう。(たべ太蔵)

左=先代ジョイキンローから受け継がれたスタッフト・スリートレジャー。ナスやパプリカに射こまれた豚ミンチやエビが美味しい一品。£17.50 右=左奥はビーフ肩スジ肉のホットスパイシークレイポット。£16.50 右はあれば頼んでしまう福建チャーハン。貝柱の風味に欠け、美味しいけど少し物足りなかった。£15.50
左=開いて間もないのでまだデザートはそれほど揃っていない様子だけど、マンゴープリンはマンゴーが十分熟していなかったにも関わらずなかなか楽しめた。£4.50 右=先代ジョイキンローは白地に赤だったけど、新生ジョイキンローは深緑が推しらしい。

総合評価 3.9

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

£30~35

Joy King Lau

3 Leicester Street, London WC2H 7BL
Tel: 020 7437 2629
www.conchigliaitalian.co.uk

Opening hours

Mon-Fri 12:00 - 22:00
Sat 12:00 - 23:00
Sun 11:30 - 21:00

[powr-reviews id="118daadd_1667408090"]

週刊ジャーニー No.1263(2022年10月27日)掲載


その他の記事