今日からできるストレス解消法…①鏡に向かって笑う②裸で寝る…!?

■家庭での完璧な妻・母親、職場での完璧な上司…。家庭と仕事、どちらも手を抜かずに両立しようと頑張るがゆえに、ストレスや疲労、自信喪失によって体調不良に陥るなど、精神・身体的に苦しむ「完璧主義」の女性たちに対し、「デイリー・メール」紙(電子版)が「今日からできる解決策」を紹介している。

人間の血液や神経系内には、神経伝達物質やホルモンを含む何百もの化学物質が駆け巡っており、精神の健康を取り戻すためには、それらをきちんと生成・循環させることが重要だという。
それにあたり、同紙が紹介した方法は大まかに3つ。ひとつ目は「毎日鏡を見て笑う」こと。笑顔を見る、そして自分でも笑顔をつくることで、イライラ感を抑えるセロトニンが脳内に2~5分間ほど生成され続ける。セロトニン不足は、ストレスやうつ病、睡眠障害を引き起こすという。
ふたつ目は「夜は裸で寝る」こと。ただし、一人寝はダメ。必ず誰かと一緒に、裸の温かな肌を触れ合わせて睡眠をとることが大事で、これにより「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、多幸感や安心感で満たされ、ストレス解消といった効果もある。
最後は「職場での簡単なストレッチ」。デスク前で着席したまま、首をまわして頭を振るだけで「ストレスホルモン」と呼ばれるコルチゾールが消失。また胴体をひねって凝り固まった身体の緊張を解くだけでもコルチゾールが減り、セロトニンが分泌されるという。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)