出前のウーバーイーツ…架空店でも登録できちゃった!

© mtaylor

■本来出前サービスをしていないレストラン等からの出前を可能にしたデリバルーなどのフードデリバリーサービス。ところがその新規加盟店審査がとんでもなく甘々だったことが発覚した。BBCが報じた。

BBCはフードデリバリー大手の「ウーバーイーツ」に実在しない架空のバーガー専門店「ベストバーガーコーポレーション」の新規加入登録を試みた。申請はオンラインで済ませることが可能で、その際、役所からの衛生管理レートの有無を尋ねられたが「近日中に取得予定」として申請したところ、さっくり審査が通り、数日後にはビジネスを開始するためのスターターキットが届いた。
早速手続きを済ませてオンライン上だけで店をオープン。協力者Aさんに、試しにバーガーをオーダーしてもらった。
オーダーを受け取った実在しない「ベストバーガーコープ」は庭先で適当に作ったバーガーをアルミフォイルにくるんで待機。そこに何も知らないウーバーイーツの配達員が現われ、バーガーを渡したところ、無事、バーガーはAさんに届けられてしまった。
店が実在するかも、衛生管理レートを保持しているかも確認せずに、加盟店に登録できるというシステムの杜撰さ。これなら誰でも自宅で小遣い稼ぎができてしまう。BBCから通達を受けたウーバーイーツは「あってはならないこと」として、速やかな改善を約束したんだとか。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)