英国一不健康な街は… ロンドンのこの地区!

© Jim Linwood

■リバプール大学の研究チームはロンドン、ウエストエンドのソーホー地区が英国一不健康な街に選ばれたと発表した。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

ランキングは大気汚染の数値のほか、域内にあるテイクアウェー店やパブ、酒店の数、総面積に占める緑地面積の割合やGP(一般開業医)の数などを総合して算出、比較したものという。
首都ロンドンは英国の不健康な街ワースト10に7地区が入る不名誉な結果となった。 逆に英国でもっとも健康的な地域のトップはデヴォンのグレート・トリントンだったが、ベスト10にスコットランドの街や地域が8ヵ所も選ばれた。結果は以下の通り。

ワースト10
① ソーホー(ウエストミンスター)
② ノースキリングホルム(ノース・リンカンシャー)
③ ショットリー・ゲート(サフォーク)
④ セント・ジャイルズ(カムデン)
⑤ バンク(シティオブロンドン)
⑥ スピタルフィールズ(タワーハムレッツ)
⑦ ファリンドン(イズリントン)
⑧ オトリンガム(イーストライディング)
⑨ フィンズベリー(イズリントン)
⑩ バービカン(シティオブロンドン)

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)