ええ話やな… 天国の父にバースデーカード届けて!

■ 7歳の男の子が「天国にいるお父さんに届けて」とポストマンに手作りバースデーカードを託したところ後日、「無事届けましたよ」という素敵なメッセージが男の子の元に届いたという。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

スコットランド、バスゲート在住のジェイズ・コプランド君は、郵便配達に立ち寄ったポストマンに、亡くなった父親に宛てた手作りのバースデーカードを託したという。父親ジェームズさんは2014年に28歳の若さで亡くなった。
後日、ジェイズ君の元にロイヤルメールから一通の手紙が届いた。ロイヤルメール配達所アシスタントマネージャーからだった。「私たちがどうやってあなたのお父さんにお手紙を届けたかお知らせしましょう」という書き出しで始まり、「天国までお届けするのはたくさんの星やその他、銀河系の障害物を避けながら進まなければならない、なかなか困難な挑戦でした。それでもあなたの大切なお手紙は無事、お届けしました」と書かれていた。
母親のテリさんはフェイスブックに「こんなにしてくれるなんて、どれだけ素敵なことでしょう」というメッセージと共に手紙の写真を投稿。たちまち話題となり、6万9000回シェアされ、1万2000件のコメントが寄せられた。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)