Pié d'Angloys: Soft Cheese
【ピエ・ダングロイ】ソフト・チーズ
値段:£2.20 量:200g
取り扱いスーパー:ウェイトローズ、テスコ
 

フランス人の夫が、面白いものを見つけたと仕事帰りに買ってきたのがこのチーズ。仏語がニガテな私には、カマンベール系のフランス産チーズにしか見えなかったのですが、名前の意味を聞いて噴き出しました。なんと!「イギリス人の足」という意味なのだそうです(ん~、それって、臭いってこと…?)。何人のイギリス人がこのチーズの存在を知っているのか不明ですが、自国のスーパーでの販売を許したイギリス人の懐の深さと、フランス人の茶目っ気がうかがえるチーズです。さて肝心の中身はというと、カマンベールやブリーと同じ白カビのソフトチーズで、臭いも特にきついということはありません。容器には、14世紀にカトリック教会の一派であるシトー修道会の修道士たちによって作られたとあり、結構歴史もある模様。カマンベールやブリーは、作られた土地の名前なのだそうですが、修道士がなぜこの名前にしたのかは謎。それだけでも話が弾むこと間違いなしの一品です。お試しを。(会社員 チズ子)

週刊ジャーニー No.1063(2018年11月29日)掲載