Days LONDON 写真が語る「変わったロンドン、変わらぬロンドン」

Days LONDON

約100年前に撮影されたロンドンの街並みと、現在の風景を写真で比較。
ディケンズや夏目漱石が見た景色が、どうのように変化したのか(あるいは当時のまま変化していないのか)を紹介します。

Vol.12

Bank 1890

Bank - 2016 -

2016

ロンドンの金融街、シティ。その中心に、1900年に地下鉄バンク駅が開業した。バンクという名は、通貨・紙幣を発行する英国の中央銀行「イングランド銀行(Bank of England)」(写真左端)が、駅に隣接していることに由来する。同地にはイングランド銀行のほか、旧王立取引所(同右)やロンドン市長の公邸などが集まっており、道路混雑の緩和対策の一環として、駅開業が決行された。 旧王立取引所は1566年、シティの商人とギルド(職人組合)が協力して設立した商品取引所。しかし1666年のロンドン大火、1836年の火災で2度も焼失した。現在見られる建物は、1844年に建造されたもので、ローマにある神殿「パンテオン」をモデルにしている。2001年に王立取引所は移転し、同所は高級ブランド店やレストランなどが並ぶショッピング・モールに生まれ変わった。
Supported by London Metropolitan Archives
ロンドン・メトロポリタン・アーカイブズは、シティ・オブ・ロンドン・コーポレーション(自治体)が管理・運営する、歴史資料センターです。ロンドンに関する貴重な史料やデジタル画像のほか、イベント情報などを無料で検索・閲覧することができます。
公式ウェブサイト: www.cityoflondon.gov.uk/lma
画像検索サイト : http://collage.cityoflondon.gov.uk