著名人たちゆかりの地

著名人たちゆかりの地

ダーウィン、ナイチンゲール、チャップリン、ジョン・レノンら、著名人たちが暮らした家や墓、歴史的な事件が起きた場所などを紹介します。

VOL.
37

J.M.W.ターナー
119 Cheyne Walk, London SW10 0ES

英国を代表する風景画家ターナーは、1775年、ロンドンの劇場街コベント・ガーデンにある床屋の息子として誕生。父親は仕事で忙しく、母親は精神を患っていたため、親戚宅を転々とするなど寂しい幼少期を送った。孤独感をまぎらわすかのように、学校へ行く道すがら壁に落書きしていたターナーは、やがて画家を目指すようになり、14歳でロイヤル・アカデミー付属の美術学校に入学。最終的に、アカデミー副会長にまでのぼりつめた。
上の写真は、70歳を迎えたターナーが副会長の座を辞した後に住んだ家。生涯独身を通した彼は、25歳年下の未亡人と暮らしながらも作品制作を続けた。ターナーは屋根を自ら改造し、そこに座って目の前を流れるテムズ河を眺めながらスケッチをした。1851年12月19日、ターナーはこの家でコレラが原因にて死去。76歳だった。

週刊ジャーニー No.1057(2018年10月18日)掲載