目の不調…実は、はずし忘れの使い捨てコンタクトレンズ27枚のせい!

英国で白内障の手術を受けた67歳の女性の片目から、27枚もの使い捨てコンタクトレンズが取り出されたニュースが話題となっている。「デイリー・メール」紙が報じた。
27枚のうち17枚は、目やにによって固まっており、ひとつの塊となっていたと手術を担当した医師が報告。検査を進めたところ、さらにもう10枚が見つかったという。
医療専門誌に掲載されたレポートによれば、この患者は35年間、1ヵ月使い捨てコンタクトレンズを使用していたというが、コンタクトレンズをはずしたかどうか確認せずに、繰り返し、その上に重ねづけをしていたと見られている。右目の視力低下のほか目がくぼむと言った症状を訴えていた。この目の中に残っていたコンタクトレンズにより、症状ガ引き起こされていた可能性が指摘されている。
当然のことながら、女性はショックを受けているという。使い捨てコンタクトレンズを着用している人は他人事と思わずに要注意!?