良いニュース?悪いニュース?ロンドンの家賃、6年ぶりにやや値下がり

住宅不足により不動産価格が右肩上がりを続けてきた英国だが、ロンドンにおける賃貸物件の家賃については、今年2月に6年ぶりに若干の落ち込みが見られたことを、「メトロ」紙が伝えた。
家賃に関する指標「Countrywide Lettings Index」で、賃貸料が月額で1年前と比べると、ロンドンで4.7%にあたる約5ポンド、南東イングランドでは2.6%、下がったことが明らかになった。
ただ、それ以外の地域では依然として上がり続けており、年間平均0.8%上がっていることも判明。また価格が上がる速度は英国北部のほうが南部より早いという傾向があることも報告されている。
ロンドンや南東イングランドなど南部で値下がりの動きがあったとはいえ、全体の中では「小さな動きに過ぎない」とされている。英国全体では不動産価格は2007年と比べると約33%値上がりした状態で、賃貸料が下がるわけがないという、テナントにとってはつらい日々がまだまだ続きそうだ。

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む