EU内空の旅…一部でマスク着用撤廃

■EU内を移動する空の旅でマスク着用の義務が撤廃された。ただしドイツ、イタリア、スペイン、ギリシャなどは当面の間、除外される。BBCが報じた。

EUへの空の旅では16日(月)よりマスク着用義務が一部で撤廃された。フランスでは飛行機の他、鉄道やバスなどでのマスク着用義務も撤廃する。一方、イタリアでは公共交通機関を利用する際は依然としてFFP2と呼ばれる、より保護性が高いマスクの着用が6月15日まで義務付けられている。

EU加盟27ヵ国中、前述の4ヵ国以外で今もマスク着用が義務付けられているのはポルトガル、オーストリア、キプロス、エストニア、リトアニア、マルタ、オランダとルクセンブルク。英国と米国へのフライトでは既にマスク着用義務が撤廃されている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)